共産主義者同盟(統一委員会)






■政治主張

■各地の闘争

■海外情報

■声明・論評

■主要論文

■綱領・規約

■ENGLISH

■リンク

 

□ホームへ

  
   ■労働者階級人民の権利奪う
            自民党改憲草案徹底弾劾
       
 



 昨年十二月の総選挙において、自民党・日本維新の会・みんなの党などの改憲勢力は、衆議院の三分の二以上の議席を確保した。安倍政権は、七月二十一日に予定される参議院選挙に圧勝することによって、いよいよ憲法改悪に突き進もうとしている。参議院は、三年に一度、定員二百四十二人の半数を改選する。七月参議院選挙における非改選議員(任期二〇一六年七月二十六日)の会派別内訳は、自民党四十九議席、民主党・新緑風会四十二議席、みんなの党十議席、公明党九議席、日本共産党三議席、社民党・護憲連合二議席、生活の党二議席、日本維新の会一議席、新党改革一議席である。改憲問題への態度が不明確な公明党を別としても、改憲を推進しようとする自民党・みんなの党・日本維新の会・新党改革