共産主義者同盟(統一委員会)   

 



■政治主張

■各地の闘争

■海外情報

■声明・論評

■主要論文

■綱領・規約

■ENGLISH

■リンク

 

□ホームに戻る

  主要論文(2010年-2017年)


安倍「働き方改革」を徹底批判する(2017年7月)

タオルミナ・サミットとトランプ政権-新自由主義政策の矛盾と帝間対立(2017年6月)

共産主義者同盟(統一委員会)2017年政治集会基調報告(2017年6月)

現代版治安維持法=共謀罪制定を阻止しよう!(2017年5月)

反革命的統合四十五年弾劾!5・15沖縄解放闘争に総決起しよう(2017年4月)

フィデル・カストロ同志の逝去を悼む(2017年4月)

岩国基地再編完了攻撃に抗し、岩国市民とともに「岩国で勝つ」闘いを!(2017年3月)

3・8国際女性デーを記念して(2017年3月)

安倍政権の原発再稼働をゆるすな!全ての原発の停止と廃炉を(2017年2月)

安倍政権のペテンを暴き出し、労働運動の前進を勝ち取ろう(2017年2月)

安倍右翼反動政権と総対決する沖縄反基地闘争を断固闘いぬこう(2016年11月)

2016岩国行動に全国から結集を(2016年11月)

2016岩国行動に決起しよう(2016年10月)

改憲に突き進む安倍政権を打倒せよ(2016年10月)

党綱領と「プロレタリアートの独裁」 海路 薫(2016年9月)

7・10参議院選挙総括(2016年8月)

すべての原発の廃炉をかちとろう(2016年7月)

一億総活躍プラン批判-破壊される介護労働の現場から(2016年7月)

G7伊勢志摩サミットを弾劾する(2016年6月)

民衆が政府退陣を迫った韓国総選挙(2016年6月)

6月国際連帯運動を推進しよう(2016年6月)

共産主義者同盟(統一委員会)2016年政治集会基調報告(2016年5月)

5・15沖縄解放闘争の大爆発で、安倍政権を打倒しよう!(2016年5月)

伊勢志摩サミット反対!「対テロ」戦争参戦許すな(2016年4月)

女性の反戦闘争で安倍政権打倒へ(2016年3月)

高浜原発再稼働弾劾!全原発の廃炉をかちとろう!(2016年2月)

AWC第四回総会の成功を!(2016年2月)

新段階の日米軍事同盟を打ち破れ(2015年11月)

中国評価についての見解再論(2015年10月)

翁長知事の取り消し決定断固支持!沖縄労共闘(2015年10月)

アジアの平和と解放に敵対する「安倍70年談話」(2015年8月)

全人民の力で安倍政権を打ち倒せ(2015年8月)

アジア民衆に連帯し、侵略戦争も核の被害もない世界を作り出そう!(2015年7月)

債務危機をはねのけて新自由主義支配に挑むギリシャ人民に連帯しよう(2015年6月)

共産主義者同盟(統一委員会)第四回党大会の報告(2015年4月)

「安倍たおせ」の全人民政治闘争を左派総結集で切り拓こう(2015年1月)

自公独裁の継続に結果した第47回総選挙(2015年1月)

再均衡戦略のもとで強化される米軍展開(2014年11月)

帝国主義列強・大国による新たな分割戦の開始(2014年9月)

新たな時代を切り拓く左派勢力の結集を(2014年8月)

川内原発の再稼働阻止闘争に全国から結集しよう(2014年7月)

新自由主義・再考(下-2)(2014年7月)

戦争と労働運動―1930年代ファシズム下の労働運動(上)(2014年6月)

5・15沖縄解放闘争の大爆発で安倍政権打倒の烽火を(2014年4月)

集団的自衛権の「合憲」化攻撃粉砕!(2014年4月)

女性の解放に真っ向から敵対する安倍政権打倒! (2014年3月)

反原発闘争の更なる前進かちとれ (2014年2月)

08年恐慌以降の世界情勢とプロレタリア人民の任務 (2014年2月)

辺野古新基地建設阻止!沖縄解放闘争の前進を
(2013年12月)

安倍右翼反動政権の戦争国家化と総対決しよう(2013年11月)

米国における反戦・反帝国主義運動/国際部(2013年11月)

新自由主義・再考(下-1)(2013年10月)

多見谷判決徹底弾劾!10・20三里塚全国集会へ(2013年9月)

7月参議院選挙の結果とプロレタリア派の任務(2013年9月)

米日帝国主義による被爆実態の隠蔽(2013年8月)

中国社会主義建設で問われたもの(2013年7月)

人民の権利奪う自民党改憲草案徹底弾劾(2013年6月)

最低賃金闘争を低賃金労働者の組織化の武器に(2013年6月)

6月アジア共同行動を成功させよう(2013年5月)

2013年政治集会 基調報告(2013年4月)

安倍政権を打倒する全人民政治闘争の爆発を(2013年4月)

マイナンバー法案を葬り去れ(2013年3月)

安倍政権の領土拡張主義・排外主義煽動と対決しよう(2013年3月)

再稼動の嵐うち破る反原発運動の前進を(2013年2月)

中国共産党第18回党大会―深まる腐敗構造(2012年12月)

新自由主義・再考(中)(2012年11月)

三つの韓国社会主義革命綱領草案の紹介と比較検討(下)(2012年10月)

労働者反戦闘争の前進を切り拓こう(2012年10月)

独島は日本の「固有の領土」ではない(2012年10月)

10・7三里塚現地闘争に起とう(2012年9月)

新自由主義・再考(上)(2012年7月)

巨万人民の反原発決起から野田政権打倒へ突き進もう(2012年7月)

三つの韓国社会主義革命綱領草案の紹介と比較検討(上)(2012年6月)

第二回大会以降の労働運動指導の総括と第三回大会以降の方針(2012年6月)

被爆二世から見た被爆者解放運動の総括と私達の地平(2012年5月)

第3回党大会で採択された中央委員会報告(2012年4月)

女性は原発―核政策を許さない(2012年3月)

労働者党の成立と革命的労働者党の建設(2012年2月)

「3・11」にふまえた共産主義論についての若干の提起(2011年8月)

「同一価値労働同一賃金」検討(2011年7月)

複合震災と資本主義-安全に暮らせる社会をめざして(2011年7月

全ての原発を即時停止し、廃炉とせよ!(2011年5月

21世紀の党建設に勝利しよう(2011年4月


3・8国際女性デー記念論文(2011年3月

2011年・同盟政治集会基調(2011年2月

フィリピン革命への連帯戦を強化しよう(2010年10月

ホロウェイ『権力をとらずに世界を変える』批判(2010年10月

10・10全国から三里塚現地に総結集しよう(2010年10月)

労働組合運動の再生に向けて(第5回)(2010年8月)


ネグリ理論は21世紀の革命の理論たりえるか(下)(2010年7月)

日帝の「東アジア共同体構想」とは何か(2010年7月) 

日米安保の変質と反安保闘争の課題(2010年6月)

マルクス唯物史観に学ぶ(2010年5月)

グローバリズム下の女性支配と少子化政策(2010年3月)

 



●主要論文リスト(1217号~1355号)現在作成途中

発行日 論文タイトル
 ■党建設
2008 12・5 1318 革命的労働者党建設へ向けて闘おう
2008 2・20 1300 第二回党大会で採択された中央委員会報告(第三章) 本文
2008 2・5 1299 第二回党大会で採択された中央委員会報告、補足文書
2006 11・20 1273 二極化する社会、格差の拡大と革命的労働者党の任務
2006 5・20 1262 権力・資本への屈服を迫る日共-スターリン主義を打倒せよ
2005 6・5 1241 7月政治集会の成功をかちとろう
2004 10・20 1227 日本帝国主義を打倒する革命的労働者党建設へ進もう
2004 7・5 1221 日本革命に向けたわが同盟の当面する総路線(3) 本文
2004 6・20 1220 日本革命に向けたわが同盟の当面する総路線(2)
2004 6・5 1219 日本革命に向けたわが同盟の当面する総路線(1)
2004 5・5 1217 共産主義者同盟(統一委員会)結成の意義と基本的目的
 ■政治運動
2011 6・5 1373 ての原発を即時停止し、廃炉とせよ! 本文
2010 6・20 1352 日米安保の変質と反安保闘争の課題 本文
2010 5・20 1350 6月アジア共同行動の成功に向け奮闘しよう 本文
2010 4・20 1348 沖縄反革命統合38ヵ年糾弾 4-5月闘争の大爆発から安保粉砕-沖縄解放へ突き進もう 本文
2010 3・5 1345 3・28三里塚現地に総決起しよう 本文
2010 2・5 1343 米軍再編反対!アジア太平洋民衆連帯の力で日米同盟深化路線との対決を 本文
2009 11・5 1338 全国から岩国現地へ総力決起を! 本文
2009 10・20 1337 11月岩国国際反戦闘争へ総決起を 本文
2009 9・20 1335 10・11三里塚現地闘争へ 本文
2009 8・5 1333 日米安保-日米同盟破棄! 本文
2009 7・5 1331 日米密約とグアム移転協定 本文
2009 6・5 1329 6月アジア共同行動の成功へ向け奮闘しよう!
2009 4・20 1326 5・15沖縄解放闘争に総力で決起しよう!
2008 10・20 1315 11・29~30岩国闘争へ総結集を
2008 9・20 1313 10・5三里塚現地に総決起しよう
2008 7・5 1309 原子力空母ジョージ・ワシントンの横須賀母港化阻止!
2008 6・5 1307 G8サミット粉砕!
2008 5・20 1306 G8洞爺湖サミット粉砕!
2008 4・20 1304 日帝の沖縄反革命的統合36ヵ年糾弾!5・15沖縄解放闘争の爆発を!
2007 11・5 1294 11月アジア共同行動に決起しよう
2007 10・5 1292 激化する改憲攻撃との闘いを進めよう(5)
2007 10・5 1292 米軍の世界的規模での再編とアジアにおける米軍展開の現在
2007 9・20 1291 10・7三里塚全国集会に総決起を
2007 6・5 1285 6月アジア共同行動の成功を
2007 5・20 1284 国際主義を掲げて安倍教育再編攻撃と対決しよう!
2007 3・5 1279 米軍再編促進法案批判 本文
2007 2・20 1278 共和国への侵略反革命戦争準備を粉砕せよ
2006 10・20 1271 11月岩国国際集会に総結集しよう
2006 9・20 1269 10・8三里塚闘争に決起しよう
2006 6・5 1263 6月アジア共同行動を成功させよう
2006 5・5 1261 反基地闘争と結合し国際主義で改憲阻止への総決起かちとろう
2006 2・5 1255 釜山APEC-香港WTO粉砕闘争の総括と今後の方針
2005 11・20 1251 激化する改憲攻撃との闘いを進めよう(4)
2005 9・20 1247 10・9三里塚闘争に総決起せよ
2005 9・20 1247 激化する改憲攻撃との闘いを進めよう(3)
2005 9・5 1246 釜山APEC-香港WTO粉砕闘争に向けて-反グローバリゼーション運動の現状と先進的労働者人民への提言
2005 6・20 1242 東アジア、アジアにおける労働者人民の共同行動を発展させ戦争とグローバリズムを打ち破ろう
2005 6・5 1241 激化する改憲攻撃との闘いを進めよう(2)
2005 5・20 1240 6月アジア共同行動に結集しよう
2005 5・5 1239 反日運動に連帯し、侵略賛美教科書採択運動を粉砕しよう
2005 3・5 1235 3・27三里塚現地に断固決起しよう
2005 2・5 1233 名護新基地建設阻止し日米軍事同盟強化粉砕へ
2004 11・5 1228 11月~12月国際連帯集会を成功させよう
2004 10・5 1226 イラク復興信託基金支援国委員会10月東京会合を粉砕しよう
2004 10・5 1226 民族解放闘争に即応し圧殺するための米軍再編計画
2004 9・20 1225 10・10三里塚現地へ
2004 6・20 1220 激化する改憲攻撃との闘い進めよう(1)
2004 5・20 1218 6月反戦闘争・国際連帯運動へ
 ■国際情勢・国際階級闘争
2010 7・5 1353 日帝の「東アジア共同体構想」とは何か 本文
2009 9・20 1335 世界情勢の新たな転換の特徴(下) 本文
2009 9・5 1334 世界情勢の新たな転換の特徴(上) 本文
2009 7・20 1332 韓国、フィリピン、ネパール情勢の報告 本文
2009 6・20 1330 フィリピン第25回ISA 国際反帝労働者連帯掲げ成功(上)
2009 5・20 1328 深化する世界恐慌 
2009 2・20 1322 米国オバマ政権の経済・軍事外交政策について
2007 10・20 1293 韓国労働者民衆闘争と日韓連帯運動の課題
2007 10・5 1292 米軍の世界規模での再編とアジアにおける米軍展開の現在
2007 8・5 1289 ドイツ・ハイリンゲンダムサミット(G8)の示したもの
2007 7・5 1287 第23回KMU-ISAに参加して
2006 9・5 1268 WTO多角的貿易交渉の「決裂」(下)
2006 8・5 1267 WTO多角的貿易交渉の「決裂」(上)
2006 7・5 1265 世界的に高揚する反帝・反戦・反グローバリゼーションの闘い
2006 2・20 1256 新日米軍事同盟を打ち破れ 米帝-ブッシュ政権の世界戦争戦略と日米軍事同盟
2005 11・20 1251 新日米軍事同盟と東アジア-中国と台湾を巡る情勢について
2005 8・5 1245 日韓労働者階級人民の革命的連帯を構築しよう
2005 7・20 1244 新たな日米軍事同盟と東アジア
2005 4・20 1238 ネパール、フィリピンでの事態について
2005 2・5 1233 WTO・FTA-新自由主義グローバリゼーションを国際共同闘争で粉砕しよう(下)
2005 1・20 1232 WTO・FTA-新自由主義グローバリゼーションを国際共同闘争で粉砕しよう(上)
2004 12・5 1230 世界的に高揚する反戦・反米・反グローバリゼーション運動と実践的に結合しよう
2004 8・5 1223 米英軍の軍事占領を許さず不屈に決起するイラク人民の抵抗闘争
2004 7・20 1222 シーアイランド・サミット 孤立する米帝ブッシュの世界戦略と帝国主義間対立
 ■国際共産主義運動
2010 5・5 1349 韓国の社会主義労働者政党建設運動の現状
2009 12・5 1340 米国「社会主義解放党」(PSL)による中国政府・党に関する見解と、我々の中国評価について(下)
2009 5・5 1327 米国「社会主義解放党」(PSL)による中国政府・党に関する見解と、我々の中国評価について(上)
2008 10・5 1314 ネパール人民革命の推移 その教訓と課題
2008 5・5 1305 国際共産主義運動の再建と強化のために
2008 4・5 1303 中国共産党第17回大会と物件法の施行
2007 5・5 1283 米国反戦運動と社会主義解放党(PSL)
2007 3・5 1279 国際共産主義運動の再建 あるいは創生に向けて
2006 4・20 1260 新たな社会主義運動が胎動する中南米情勢について
2004 11・20 1229 ブッシュ政権と対決し反戦運動の高揚を牽引する米国左翼
2004 9・5 1224 中国の社会主義市場経済路線の推進と民族問題
 ■労働運動
2010 8・5 1355 労働組合運動の再生に向けて(5) 本文
2010 2・20 1344 10春闘を闘いぬき、階級的反撃を組織しよう
2008 11・5 1316 労働運動の階級的再生のために 革命的労働者党と労働組合
2008 9・20 1313 労働組合運動の再生に向けて(4)
2008 9・5 1312 労働組合運動の再生に向けて(3)
2008 7・20 1310 最低賃金闘争を軸に貧困と闘おう
2007 6・5 1285 労働組合運動の再生に向けて(2)
2007 2・5 1277 戦争と新自由主義に対決し階級的労働運動の前進を
2006 11・5 1272 労働組合運動の再生に向けて(1)
2005 11・5 1250 APEC、WTO粉砕闘争へ/反帝国際主義を実践する階級的労働運動の飛躍をかちとろう
2005 7・5 1243 労働者階級の貧窮化と生存権破壊に抗し、新たな階級的労働運動を創出しよう!
2005 2・20 1234 05春闘で労働運動の反転攻勢の橋頭堡を築こう
 ■学生運動
2008 3・20 1302 戦争国家化・新自由主義政策と対決し日本学生運動の歴史的再建へ
2007 3・20 1280 大学の帝国主義的再編攻撃の研究
 ■被差別大衆解放運動
2010 3・20 1346 グローバリズム下の女性支配と少子化政策 本文
2009 11・20 1339 差別糾弾闘争-権力闘争の内実を獲得し、障害者解放-日帝打倒の綱領的創造かちとれ 本文
2009 4・5 1325 グローバリズムと女性 女性への搾取の強化と「貧困の女性化」
2007 4・5 1281 改憲と戦争挑発に突き進む安倍政権を女性の手で打倒へ
2006 4・5 1259 日本女性解放運動の総括と地平-戦後を三期に分けて
 ■反弾圧
2010 4・5 1347 08年6・10サミット弾圧と組織犯罪対策法
2009 2・5 1321 戦争国家へ国民動員する裁判員制度を粉砕しよう
2006 12・5 1274 現代版治安維持法=共謀罪を大衆運動の力で葬り去れ
 ■新年号論文
2010 1・20 1342 第二新年号論文(政治闘争総括方針、労働運動、学生運動)
2010 1・1 1341 第一新年号論文(世界情勢、国内情勢、党建設)
2009 1・1 1319 新年号論文(党建設、世界情勢、国内情勢、闘争方針)
2008 1・1 1297 新年号論文(党建設、世界情勢、国内情勢、闘争方針)
2007 1・20 1276 新年号第二論文(世界情勢、国内情勢、闘争方針)
2007 1・1 1275 新年号第一論文(党建設総括)
2006 1・1 1253 新年号論文(党建設総括、内外情勢、政治闘争・労働運動方針)
2005 1・1 1231 新年号論文(世界情勢、国際階級闘争、労働運動、党建設)
 ■政治集会基調
2010 3・5 1345 2010年政治集会・基調
2007 7・25 1288 2007年政治集会・基調報告
2006 7・20 1266 7・9共産同政治集会・基調
 ■論評など
2011 7・5 1375 複合震災と資本主義~安全に暮らせる社会をめざして 本文
2010 9・5 1356 7月参議院選挙の結果が示したもの 本文
2009 10・5 1336 総選挙の結果と民主党連立政権の発足について 本文
2008 7・5 1309 基地被害を拡大する米軍再編反対 基地被害の現状と闘い
2007 9・5 1290 参院選の結果について
2006 10・5 1270 首都圏-神奈川における在日米軍再編
2005 11・5 1250 「靖国神社問題」を考える(下)
2005 10・5 1248 総選挙の結果について
2005 7・20 1244 「靖国神社問題」を考える(上)
 ■その他理論問題
2011 8・5 1377 「3・11」にふまえた共産主義論についての若干の提起 本文
2011 7・20 1376 同一価値労働同一賃金」検討 本文
2010 7・20 1354 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(下) 本文
2010 5・20 1350 マルクス唯物史観に学ぶ(下) 本文
2010 4・5 1347 マルクス唯物史観に学ぶ(上)
2009 7・5 1331 「中流崩壊論争」から10年(下3)
2009 3・20 1324 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(中-4)
2009 3・5 1323 「中流崩壊論争」から10年(下2)
2008 11・20 1317 「中流崩壊論争」から10年(下1)
2008 8・5 1311 「中流崩壊論争」から10年(中)
2008 7・5 1309 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(中-3)
2008 6・20 1308 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(中-2)
2008 3・5 1301 「中流崩壊論争」から10年(上)
2007 12・5 1296 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(中-1)
2007 6・20 1286 アントニオ・ネグリの「帝国・マルチチュード論」は21世紀の革命の理論たりえるか(上)
2006 6・20 1264 グローバリゼーションと民族問題(4)
2006 3・20 1258 グローバリゼーションと民族問題(3)
2006 1・20 1254 グローバリゼーションと民族問題(2)
2005 12・5 1252 3ブロック階級闘争論の歴史的意義
2005 10・20 1249 グローバリゼーションと民族問題(1)
2005 4・5 1237 帝国主義の危機とプロレタリア革命の課題(下)
2005 3・20 1236 帝国主義の危機とプロレタリア革命の課題(上)

 

当サイト掲載の文章・写真等の無断転載禁止
Copyright (C) 2006-2007, Japan Communist League, All Rights Reserved.